地竜ちゃん

地竜ちゃん

「もけーっ!(きりッ)」
「ぽっこー!」



次元の塔4層に出現した大きな卵から孵った、ドラゴンの赤ちゃん。
もともとは、世界を滅ぼしかねないパワーと山のような体躯を持つ超級モンスターである。

次元の塔で卵を発見したはむすけ_ドラゴンが孵そうと温めていたせいで生まれる時期が早まってしまい、
地竜の魂と肉体が合成されないまま卵が孵り、凶悪な影だけが漏れ出してしまった。
影はそのままデーリッチたちに倒され消滅、事なきを得るが
残った肉体であるドラゴン本体はピュアなまま生まれてくることになった。
刷り込み効果でデーリッチに懐いたので、ハグレ王国で飼うことになる。
王国ではベロベロスと一緒に番犬ならぬ番ドラゴンをしているかわいい姿を見ることができる。

基本的に「もけもけ」や「ぐごごー」など簡単な発音しかできない。
…のはずなのだが「ポッコー!」は日常的に発音(メテオ使用時)
ついには決戦イベント2で「づっちー」を発音することに成功している。舌で喋れるじゃんか……

ベロベロスの躾教室の話を聞いて興味をもち、トレーニング広場を提案する。

  • 足は遅いが体力と火力は抜群の、特技タイプのパワーアタッカー。
  • 超大地耐性/スタン無効。氷にやや弱い。
  • パッシブ習得で攻撃+3%、大地+12%。大学でさらに攻撃と大地+2%。


強くて遅い典型的なパワータイプ。
メジャーな氷属性に弱く魔法防御も低い点は要注意だが、HPと攻撃力に優れ、ガンガン敵と殴り合えるスペックを持つ。

☆どすこいツッパリ』から、『☆さらにツッパリ』or『☆ぎがんてぃっくプレス』に派生可能。
どすこい→さらに でTP回収ルート。全段ヒットすれば永久機関である。
どすこい→ぎがんてぃっく で大ダメージルートになる。
ツッパリ系が近接属性、ぎがんてぃっくは大地属性。

☆はるばーどスピン』は、消費TPのわりに高威力な全体大地属性攻撃+追加スタン。稀に外すことあり。
ちなみに大地属性/スタンは、四足歩行や植物等のしっかり地面に接地,根を下ろしている敵の弱点である。

☆たいきばんせいの構え』は、自身の攻撃/防御二段階上昇+狙われ率二倍(4ターン)され、
火力を発揮しつつちょっとした盾にもなれるというスキルだが、敏捷性が二段階下がるため、ほぼ確実に後手に回ることになる。
もともと鈍足なのであえて先手を諦める戦法として使おう。

1.01Verからは、新合体技『お絵描きメテオ』も追加された。
TPを大消費して放つ、単体大地属性攻撃。
ポッコを前衛に並べる必要があるが、ポッコの「☆ゴーレムガード」や「☆アーシーインストール」は地竜ちゃんと相性がいいので、それほど負担にはならない。だが、「魔王降ろし」に組み込む際にはポッコが邪魔になるか。

長らく撃ちやすい強力な大地属性攻撃に恵まれずフェンリルパンチ止まりだったのだが、水着イベントにて運動長スキル『☆地竜投げ』を獲得。
さらに、大地属性版フレイムというべきスキルアースライザーも登場し、ようやく大地の王として大器晩成を果たした。

ハイライト:TP不要スキル

スキル名 習得レベル MP TP TPC 効果
☆どすこいツッパリ初期5%15-敵単体に近接物理属性の2連続ダメージ/次のターンのみ技追加
特殊8%-+6×3☆どすこいツッパリ」後使用可、単体近接3連続ダメージ、TP回収率が高い
☆ぎがんてぃっくプレス15%75-☆どすこいツッパリ」後使用可、敵単体に大地ダメージ、更に防御二段階低下(3ターン)
☆はるばーどスピン初期10%30-全体大地/スタン
28-+8単体物理/速度-40/ランク4
地竜の突進4025-単体大地、使用後攻撃上昇/速度-40/ランク5
☆たいきばんせいの構え55-25-自身の攻撃防御二段階上昇、敏捷性二段階下降、狙われ率2倍、HP大回復(4ターン)
眠れる大地の王58パッシブ攻撃+3%、大地+12%
蘇る大地の王大学パッシブ攻撃+2%、大地+2%
お絵描きメテオ14%92-前衛にポッコ必要
敵単体に地属性超威力ダメージ
ご主人様のために店舗パッシブ獲得経験値+15%、敏捷性+7%
大山鳴動運動長技パッシブ攻撃/近接/大地+12%、敏捷性-12%
2%-+25単体大地。対象の防御二段階低下、自身のTP+25。「☆どすこいツッパリ」使用時と同じスキルに派生。
秘密結社運動長運動長パッシブ攻撃力/魔法力/敏捷性+10%
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
R L F B D
 
  • 地竜ちゃん.txt
  • 最終更新: 2020/04/15 21:01
  • (外部編集)