マーロウ

マーロウ

「クウェウリのスープは美味かったでしょう?」
「村自慢は芋以外だと、うちの娘の気立ての良さしか残らないしなぁ……」

 
ケモフサ村の村長兼戦士でクウェウリの父。肩書きは「雷獣戦士」。
クウェウリは養子であり血の繋がりは無いが、実の娘のように溺愛している。いわゆる親バカ。
ハグレ戦争を生き残った歴戦の戦士であり、ハグレの行く末を案じている節があるが……
 

  • 雷特化の特技タイプのアタッカー。
  • 雷耐性/麻痺無効。
  • パッシブにより雷属性スキル威力+8%、攻撃力+5%

 

攻撃力の数値はトップクラス。敏捷性も高く、運が若干低めな事以外は欠点がない。
 
☆雷鳥』は連発しやすい単体雷攻撃(会心有り)。TPを溜めたいときは、「プラズマファーント」と併用すると隙がない。
だが両方とも命中率が低めなので、装備品を命中率重視にして安定を図りたい(☆与一の矢筒など)
 
☆雷狼』は会心有りの強力な全体攻撃。
単体攻撃として使用しても見劣りしない程のポテンシャルがあるが、速度低下補正がネック。
推奨レベルだと基本的に敵の後手になる。
敵の行動パターンをしっかり読んで、とくに状態異常で潰されないよう気をつけたい。クウェウリの「☆ライフプロテクト」などが有効か。
一方で後手ということで発動タイミングを読みやすいので、同一ターンでウェポンブレスなどの補助をかけていくのも可。
命中は通常攻撃並みに安定しているので、「☆雷狼」の一撃を重視するなら、装備を雷ブーストや攻撃力重視にしてもいい。
 
☆夜鴉』も見過ごせない(敵単体に物理ダメージ。敵が「暗闇」状態の時は威力3倍)。
暗闇付与を持つキャラクターと上手く連携して使おう。一気に攻めるためには、こたつ蜜柑などTPの補給手段も必要。
合体技も含め、クウェウリとの相性抜群。
ヒット後は一定確率で相手の暗闇が解除される場合があるが、逆に解除されなかった場合は続けて狙っていきたい。
 
さらに『☆犀の構え』『パパの怒り』と盾スキルも持っている。
「☆犀の構え」は、防御1.5倍・狙われ率4倍(5ターン)と、ニワカマッスルの「☆挑発」に劣らない性能。
単純に自身の耐久を上げる手段として使っても悪くない。
通称[インビン鋼戦法]のピースとしても知られたスキルである。
「★パパの怒り」は、自身の防御・攻撃2段階上昇のバフは嬉しいが、
庇う効果としてはHP半分以下の味方、1ターンのみ、条件を満たしても庇えない攻撃も多いのでやや使いにくいかもしれない。
 
逆に『☆白狼の構え』は防御を犠牲に攻撃力とTP回転率が大きく上がる。
この場合は別の盾役にフォローしてもらいつつ、上記の雷技や「☆夜鴉」を使って一気にダメージを稼ぎにいきたい。
 
追加の水着イベント第3章では警備隊長にすることで獣の咆哮陣を習得する。
味方全体の攻撃と魔法+16%、主要な6つの能力低下に+80%の強い耐性を付与する非常に万能な性能。
特に警備隊長にしたいキャラがいない、という時はマーロウを任命しておけばどんなキャラでも活かすことができる。
 

ハイライト:TP不要スキル

スキル名 習得レベル MP TP TPC 効果
☆雷鳥初期5%20+12敵単体に雷属性ダメージ、命中率低め。ヒット時にTP12回復(会心判定有り)
☆雷狼7%32-敵全体に雷属性ダメージ(会心判定有り/速度補正-200)
☆夜鴉14%45-敵単体に物理ダメージ。敵が「暗闇」状態の時は威力3倍
☆白狼の構え-55タ+10攻撃力+30%、防御力半減、毎ターンTP再生+10%(5ターン)
☆犀の構え-50タ-10防御力+150%、狙われ率4倍、毎ターンTP-10%(5ターン)
ハイチャクラ-20-使用者大回復+攻撃上昇(5ターン)
52-+5×3敵3体ランダムに物理ダメージ。(会心有り)
雷獣マーロウパッシブ攻撃+5%、雷属性スキル威力+8%
☆雷獣の雄叫び大学4%20味全+5味方全体に極僅かのダメージ+能力低下治療、TP+5(速度補正+100)
パパの怒り-20-前衛にHP30%以下のクウェウリ必要使用者のHP回復、このターン全体庇う、攻撃防御二段階上昇(3ターン)
獣人達の絆店舗パッシブ最大HP+12%
☆真・仮装大会王会議(永続)パッシブ+6%敏捷性+2%/TPC+6% ※永続パッシブ
ぼくら海岸防衛隊店舗パッシブ雷技+8%、魔防+10%
☆リーダーシップパッシブ防御+5%、TP再生+3%
☆天狼運動長技7%40-全体雷(会心有り、速度-200)
秘密結社警備隊長警備隊長パッシブ防御力+10%、TP再生+5%
秘密結社運動長運動長パッシブ攻撃力/魔法力/敏捷性+10%
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
C T H L G
 
  • マーロウ.txt
  • 最終更新: 2020/04/15 21:01
  • (外部編集)